登場人物

和也(かずや)

異形集めのため全国を巡っていた主人が、旅の途中で偶然に出会った大蜘蛛。主人の理念と人柄に魅かれ、ぜひ店で働かせて欲しいと志願して花の宴にやってきた。

素直で人懐っこい頑張り屋。おしゃべり好きで元気いっぱいの、まさに愛すべきお馬鹿さん。感受性豊かで涙もろく、感動や嬉しさで泣いてしまうこともしょっちゅうある。
そのことで他の従業員たちによくからかわれ、可愛がられている。

現在は、昔住んでいた巣に帰ったため、花の宴にはいない。だが、時々眷族の蜘蛛が届けてくる手紙によると、それなりに元気でやっているらしい。

人形神(ひんながみ)

別名「土蜘蛛」とも呼ばれ、人の姿に化けて人間を騙して襲う、巨大な蜘蛛。
凶暴で人間嫌いだと言われているが、元来の大蜘蛛はとても大人しい性格をしており、人間と争うことはなく共存していた。

同じ頃に入った元気系同士、自然と仲良くなったな! 涙もろい和也を泣き止ませたりとかして……ってちょっ! 店の中で糸を使うんぢゃねーっ! 危ねぇだろーが!

……!(服についている網を見て警戒を強めているようだ)