登場人物

深空(みそら)

人間に対して好奇心旺盛な若き雷神。
放浪していたが、「うちで働かないか」という主人の誘いに乗ってやってきた。

他者との間に壁を作らず、誰にでも積極的に話しかけていく気さくな人柄。静けさを好む層からは「うるさい」と言われることもあるが、その裏表のない明るさに元気をもらっている者は多い。

以前は花の宴一のお調子者であり、『自称・兄貴分』だったが、舎弟が増えるにつれて頼り甲斐を見せるようになり、今は自称ではない本物の『頼れる兄貴』である。

雷神(らいじん)

太鼓を鳴らして雷を呼ぶ神。また、操る稲妻との関連で、「稲」や「水」の神であるとも言われている。
雷様(かみなりさま)、鳴神(なるかみ)、雷公(らいこう)、雷獣(らいじゅう)など、さまざまな呼び名がある。

皆はあれをやれ子供だと言っているが、逆に言うならば淀みない澄んだ心を持っているとも取れる。良し物は良し、悪し物は悪しと言う事はなかなか出来ぬものよ。

「わっしょい」で何でも通じると思うなよぉぉぉ! なんだよ「○○と××を混ぜてわっしょい」って調理指示! なんとか解読したけどな……